基本的な洗い方

HOW TO WASH

ハイ・ベックは衣類に合わせた正しい洗い方をすることでお洗濯の効果を十分に発揮することができます。ここでは、お洗濯前に確認しておくことから干し方までの方法をご紹介します。

基本的な洗い方を覚えましょう

基本的な洗い方を覚えましょう

つけおき洗い

液につけ込む(5分〜10分)

液につけ込む(5分〜10分)

衣類はできるだけ、きれいにたたんでから液の中に5分程度つけ込みます。(洗濯機は回転させません)水の中で衣類が泳ぐ位の枚数が適当です。

ステップ1

軽く脱水

軽く脱水

すすぎの前に一度脱水します。脱水が始まり、本回転(音が静かになる)になって5秒程度で衣類を取り出してください。
※脱水のしすぎは脱水ジワの原因になりますのでご注意ください。

ステップ2

すすぎ

すすぎ

新しい水を入れ、衣類をたたんだまま、水の中にくぐらせ、すすぎをします。衣類の間に残った液は、丁寧にほぐしてすすいでください。

ステップ3

軽く脱水

軽く脱水

2の要領で2度目の脱水をします。ただし、セーター類やダウンジャケット類だけは少し強めに脱水し、水気を切ってください。
※脱水のしすぎは脱水ジワの原因になりますのでご注意ください。

ステップ4

形を整え陰干しする

形を整え陰干しする

小ジワは両手で挟んで、叩いてください。シワを伸ばしてボディハンガーに掛けておけば、アイロン掛けの必要もない程キレイに仕上がります。
お洗濯の仕上がりは“干し方”で決まります。

ステップ5

つけおき洗い

  • (全自動・ドラム式)

  • 全自動洗濯機
  • ドラム式洗濯機
つけおき洗い手順1

衣類を固定するためにネットに入れて洗濯してください。

つけおき洗い手順2

洗濯機にある低回転(ドライコースまたは手洗いコースなど)で洗ってください

お洗濯トラブル対処法

■洗濯中に色落ちした場合
色落ちした衣類、色落ちしやすい衣類(紺・赤・青・茶色などの濃い色の物)は早めに取り出し、最後の脱水を強めにしてください。

洗濯中に色落ちした場合

■洗濯中に色移りした場合
色を移された衣類を取り出し、脱水しないで新しい水の中で広げながら丁寧にすすいでください。これで色移りした色は落とせます。

洗濯中に色移りした場合

CHECK POINT

◎ 衣類にやさしいのは「つけおき洗い」

洗濯機の「ドライコース」でももちろんお洗濯はできますが、デリケートな衣類のお洗濯にはやっぱり、「つけおき洗い」をおすすめします。

チェックポイント