NEWS & BLOG

Posted : 2019.11.11 | ↑Page top

こんにちは。
お客様相談室の佐藤です。

ダウンウエアの洗い方は前にもご紹介をしておりますが、

↓↓2016.11.12ブログ↓↓
https://www.hi-bec.com/news/2016/11/

↓↓初めての方こちららの動画がおすすめ!!↓↓
https://www.hi-bec.com/movie/
(2020年4月追記)

今回はダウンのお洗濯を「失敗してしまった!!」
と思った時の対策法をご紹介いたします。


ダウンウエアは詰物がダウンとフェザーで構成されています。

1本の羽毛は元羽軸を中心に羽枝と小羽枝からできており、
それぞれ広がった羽枝と小羽枝の間に空気を含むことで
暖かい空気をまとい、冷たい外気を遮断して熱を逃がさない
特徴があります。

ダウンとフェザーは水鳥の羽で、特にダウンは
たんぽぽの種子のように小さくて軽い羽です。
羽毛の名称 (002).jpg

寒い時期に大活躍の軽くて保温性のあるダウンウエア。
繰り返し着用すると羽枝と小羽枝が押しつぶされたり、
汚れが付着して空気を含む空間がなくなり、
ダウンウエア自体のボリュームがなくなってしまいます。

こうなると衣類の機能性が低下し、保温性が十分に
得られなくなってしまいます。

衣類の機能性を保つためには定期的なケアが大切です。


汚れをしっかり取り除いてフカフカ暖かいダウンで
寒い冬を乗り越えましょう♪

ダウンに関するよくあるご相談

●ダウンウエアを洗ったらシミができた
→汚れの残留が原因です。
 ダウンはあまり着用しなくても中の詰物自体が汚れている場合があります。
 汚れが残った状態で乾きあがると、汚れが表面の生地にシミとなって現れます。
 その場合、ハイベックブラシでシミ抜きを行うと取り除くことができます。


●ダウンのボリュームがなくなった
→お洗濯中に羽毛が数本飛び出ることもありますが、
 これが原因でボリュームがなくなることはありません。
 お洗濯後、ダウンが完全に乾いたら軽くパンパンと叩いたり、
 ダウンを逆さに持ってバサバサっと振って中の羽毛をほぐしてあげると
 ほとんどの場合、元のボリュームに戻ります。

 ボリュームが戻りにくい場合は、乾燥機を使用していただくことも可能です。

 その場合は、衣類のお洗濯絵表示の乾燥の仕方に従ってご使用下さい。
 
 それでも戻らない場合は、経年劣化の可能性もあります。
 衣類を休ませながらの着用、洗濯時は回復剤の併用をおすすめ致します。


ダウンウエアは濡れるとペタンコになってしまうので
「このまま戻らなかったらどうしよう・・・」と
心配をされる方もいらっしゃいますが、大丈夫デス!!
 
まずはしっかり乾くのを待ち、そのあと中の羽毛をほぐしましょう。
汚れも取れてフカフカで更に軽く感じますよ。

ファー付きのダウンは本物でなければ一緒に洗うことが可能です。

本物の毛皮はお水に濡れると風合いが変化してしまうので、
タオルにハイベック液を含ませ、表面の汚れをふき取るなどの
ケアをしてあげて下さいね。

専門店にお願いするとクリーニング代が高価なダウンも
ハイベックだと経済的にお洗濯頂けます。

汚れもスッキリ落ちて家族の物だけ洗えるので清潔です。

心配なときはお洗濯相談室にぜひお問い合わせください。
お待ちしております。

ハイ・ベック

「ハイ・ベック」それは、衝撃的でまったく新しいお洗濯。
プロが使用するドライクリーニング溶剤をふんだんに配合し、水溶性・油性・不溶性のすべての汚れを落とす最強の洗濯洗剤、それが「ハイ・ベック」シリーズ。

サンワード
本社/熊本県熊本市中央区上通町2-30
 本社事業所/東京都武蔵村山市榎2−84−5
  • 1
お問い合わせはこちら ハイ・ベック電話お問い合わせ ハイ・ベックお問い合わせフォーム