NEWS & BLOG

Posted : 2019.02.27 | ↑Page top

 
こんにちは!
 
お客様相談室の清田です。
 
2月15日~16日に福岡のマリンメッセで行われた 手づくりフェアin九州 という、ハンドメイド好きの方が数多く集まる九州最大級のイベントに今年も出展させて頂きました。
 
 会場2.jpeg
 

1日目には、お客様の前で実際にお洗濯をする「ハイベックお洗濯教室」をステージで行わせて頂きました。
 
お洗濯の方法以外にも、ハイベックに配合されているドライクリーニング溶剤とはどういうものなのか、水溶性油性不溶性の3つの汚れが落とせる仕組みなど、お洗濯ガイドには記載されておりますが、より詳しく、より分かりやすくご説明させて頂き、会場からは「へぇー!」というお声も上がっておりました!
 
ハイベックをこれからご使用頂くお客様だけでなく、すでにご愛用頂いているお客様にも、新鮮な内容をお伝えすることができ、改めてお洗濯教室の大切さを実感しました。
 
教室4.jpeg 
 
また、ハイベックブースでは「こんなもの洗ったよ!」「ずっと使ってます!」「クリーニングに出さなくなりました!」という嬉しいお言葉や、「どうやって洗ったらいいの?」「こういうものは洗えるの?」というお悩みなど、直接お客様とお話ができ、お客様のお声から色々なことを学ばせて頂くことができた有意義な2日間でした。
 
 

会場に足を運んでくださったお客様、ありがとうございました。

ハイ・ベック

「ハイ・ベック」それは、衝撃的でまったく新しいお洗濯。
プロが使用するドライクリーニング溶剤をふんだんに配合し、水溶性・油性・不溶性のすべての汚れを落とす最強の洗濯洗剤、それが「ハイ・ベック」シリーズ。

サンワード
本社/熊本県熊本市中央区上通町2-30
 本社事業所/東京都武蔵村山市榎2−84−5

Posted : 2019.02.08 | ↑Page top

こんにちは。
お客様相談室の清田です。
 
 
 
立春も過ぎ、暦の上ではもう春。
サンワード本社がある熊本では、日中15℃くらいまで気温が上がる日が増え、
少しずつ春の訪れを感じています。
 
 
春になると皆さま衣替えをされると思います。
お洋服を春物に入れ替えるのはもちろんなのですが、寝具の衣替えは
どういうタイミングでされていますか?
 
 
掛け布団と毛布の両方をご使用されている方もまだまだいらっしゃると思いますが、寝ているうちに布団内の温度が上がって汗をかいたり、暑くなって布団から出て風邪を引いてしまったということはないでしょうか。
 
快眠するためには、布団内の温度3234℃、湿度4555%が理想的だと言われています。
 
布団内の温度といっても、なかなかピンと来ないかと思います。
目安としましては、室温が15℃前後でしたら羽毛掛け布団だけ、20℃前後でしたら薄い肌掛け布団だけで、睡眠に丁度良い温度と言われていますので、この温度を目安に寝具の衣替えを行ってみてください。
その際は、黄ばみや虫食いを防ぐためにも仕舞い洗いをお忘れなく!
 
お布団、毛布はお洋服とは違って型くずれや縮みの心配が少ないので、洗濯機の
お布団や毛布のコースで簡単にお洗濯ができます。
シルクなどのデリケート素材を使用したものもありますので、ご心配な時はお洗濯前に
お客様相談室へご相談下さい。
 
 
サンワードお客様相談室
0120-668-689
 
 
三連休はまた気温が下がる予報ですので、風邪など引かれないようお気を付けください。
暖かい日が続くようになりましたら、寝具も衣替えをし、快適な夜を過ごしましょう
 
 
 
 
 
布団.jpg

ハイ・ベック

「ハイ・ベック」それは、衝撃的でまったく新しいお洗濯。
プロが使用するドライクリーニング溶剤をふんだんに配合し、水溶性・油性・不溶性のすべての汚れを落とす最強の洗濯洗剤、それが「ハイ・ベック」シリーズ。

サンワード
本社/熊本県熊本市中央区上通町2-30
 本社事業所/東京都武蔵村山市榎2−84−5
  • 1
お問い合わせはこちら ハイ・ベック電話お問い合わせ ハイ・ベックお問い合わせフォーム