NEWS & BLOG

Posted : 2019.12.11 | ↑Page top

ご無沙汰しております。
お客様相談室の清田です。
 
 
12月になり、寒い日が続きますが、皆さま体調など崩されていませんでしょうか。

寒い季節のおしゃれ着の定番といったらセーター!ウールやカシミヤ、アンゴラ、
モヘアなど素材は色々ありますが、今回は「セーターの基本の洗い方と、ちょっとしたコツ」
ご紹介させていただきます。
 
 
 
今回はカシミヤのセーターをお洗濯します。
 
まずはお洗濯前の準備!
●ドライマークの確認
●目立つシミがある場合はシミ抜き(今回はセーターですので、シミ抜きを行う場合は
ブラシでやさしく叩いて行ってください。)
●ネットに入れる(セーターは水から引き上げる際、伸びて型崩れする恐れがありますので、
ネットに入れると安心です。)

セーター ネット33.jpeg



では実際にお洗濯をしていきます。
 

ハイベック液に5分間つけます。縮みの原因となりますので、この間は押したり、
揉んだりしないでください。

セーター つけ置き1.jpeg



5分経ったら脱水を20秒~30秒行います。
その後、きれいな水でくぐらせる程度のすすぎを行い、
もう一度20秒~30秒の脱水を行います。

その後は仕上げ剤の工程ですが、ウールやカシミヤなどの獣毛繊維にはソフトタイプの仕上げ剤が
おすすめです。お洗濯によって失われた油分を補い、ツヤや光沢を回復できます。
今回は毛足の長いカシミヤのセーターなので、
水10ℓにソフトタイプの仕上げ剤30gを使用し、柔らかく仕上げました。
 
ここまでは基本の洗い方ですので、ご存じの方も多いと思いますが、実は干す工程にちょっとしたコツがあるのです!
 

今回お洗濯したような毛足の長いセーターは干す前に首の方からと、裾の方から手を入れ、
何度かほぐしていただきますと毛足が立ちふわっとし干しあがります。

セーター 毛足.jpeg

分かりにくいですが、ほぐすとこのように毛足が立ちます。
このひと手間で仕上がりが変わりますので是非お試しください。
 
 
 
お洗濯の方法や商品のことでお困りの方はぜひ、お客様相談室にご相談ください。
お問合せお待ちしております。
 
サンワードお客様相談室 0120-668-689
 
なかなか汗をかくことがない季節ですが、一度着たら汚れは付着します。
冬も着たら洗うを心がけて、衣類を清潔に保ちましょう。


ハイ・ベック

「ハイ・ベック」それは、衝撃的でまったく新しいお洗濯。
プロが使用するドライクリーニング溶剤をふんだんに配合し、水溶性・油性・不溶性のすべての汚れを落とす最強の洗濯洗剤、それが「ハイ・ベック」シリーズ。

サンワード
本社/熊本県熊本市中央区上通町2-30
 本社事業所/東京都武蔵村山市榎2−84−5

Posted : 2019.11.11 | ↑Page top

こんにちは。
お客様相談室の佐藤です。

ダウンウエアの洗い方は前にもご紹介をしておりますが、

↓↓2016.11.12ブログ↓↓
https://www.hi-bec.com/news/2016/11/

↓↓初めての方こちららの動画がおすすめ!!↓↓
https://www.hi-bec.com/movie/
(2020年4月追記)

今回はダウンのお洗濯を「失敗してしまった!!」
と思った時の対策法をご紹介いたします。


ダウンウエアは詰物がダウンとフェザーで構成されています。

1本の羽毛は元羽軸を中心に羽枝と小羽枝からできており、
それぞれ広がった羽枝と小羽枝の間に空気を含むことで
暖かい空気をまとい、冷たい外気を遮断して熱を逃がさない
特徴があります。

ダウンとフェザーは水鳥の羽で、特にダウンは
たんぽぽの種子のように小さくて軽い羽です。
羽毛の名称 (002).jpg

寒い時期に大活躍の軽くて保温性のあるダウンウエア。
繰り返し着用すると羽枝と小羽枝が押しつぶされたり、
汚れが付着して空気を含む空間がなくなり、
ダウンウエア自体のボリュームがなくなってしまいます。

こうなると衣類の機能性が低下し、保温性が十分に
得られなくなってしまいます。

衣類の機能性を保つためには定期的なケアが大切です。


汚れをしっかり取り除いてフカフカ暖かいダウンで
寒い冬を乗り越えましょう♪

ダウンに関するよくあるご相談

●ダウンウエアを洗ったらシミができた
→汚れの残留が原因です。
 ダウンはあまり着用しなくても中の詰物自体が汚れている場合があります。
 汚れが残った状態で乾きあがると、汚れが表面の生地にシミとなって現れます。
 その場合、ハイベックブラシでシミ抜きを行うと取り除くことができます。


●ダウンのボリュームがなくなった
→お洗濯中に羽毛が数本飛び出ることもありますが、
 これが原因でボリュームがなくなることはありません。
 お洗濯後、ダウンが完全に乾いたら軽くパンパンと叩いたり、
 ダウンを逆さに持ってバサバサっと振って中の羽毛をほぐしてあげると
 ほとんどの場合、元のボリュームに戻ります。

 ボリュームが戻りにくい場合は、乾燥機を使用していただくことも可能です。

 その場合は、衣類のお洗濯絵表示の乾燥の仕方に従ってご使用下さい。
 
 それでも戻らない場合は、経年劣化の可能性もあります。
 衣類を休ませながらの着用、洗濯時は回復剤の併用をおすすめ致します。


ダウンウエアは濡れるとペタンコになってしまうので
「このまま戻らなかったらどうしよう・・・」と
心配をされる方もいらっしゃいますが、大丈夫デス!!
 
まずはしっかり乾くのを待ち、そのあと中の羽毛をほぐしましょう。
汚れも取れてフカフカで更に軽く感じますよ。

ファー付きのダウンは本物でなければ一緒に洗うことが可能です。

本物の毛皮はお水に濡れると風合いが変化してしまうので、
タオルにハイベック液を含ませ、表面の汚れをふき取るなどの
ケアをしてあげて下さいね。

専門店にお願いするとクリーニング代が高価なダウンも
ハイベックだと経済的にお洗濯頂けます。

汚れもスッキリ落ちて家族の物だけ洗えるので清潔です。

心配なときはお洗濯相談室にぜひお問い合わせください。
お待ちしております。

ハイ・ベック

「ハイ・ベック」それは、衝撃的でまったく新しいお洗濯。
プロが使用するドライクリーニング溶剤をふんだんに配合し、水溶性・油性・不溶性のすべての汚れを落とす最強の洗濯洗剤、それが「ハイ・ベック」シリーズ。

サンワード
本社/熊本県熊本市中央区上通町2-30
 本社事業所/東京都武蔵村山市榎2−84−5

Posted : 2019.01.17 | ↑Page top

新年明けましておめでとうございます。
お客様相談室の清田です。




今年もより多くのお客様にお洗濯の楽しさや感動を

お伝えしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。





皆さま、年末年始はどのように過ごされましたか?

忘年会や新年会などで忙しかったという方も多いのではないでしょうか。




私も友人や親戚との忘年会、新年会でバタバタ忙しくも楽しい

年末年始を過ごしておりました。





先日、忘年会、新年会に巻いていったマフラーを巻こうとしたら

ご飯やたばこなどのにおいがフワッと...

そしてよく見るとファンデーションもついているように見えます。





食事に行ったり、初詣に行ったり、外に出かけることが何かと多かった年末年始。

気づかないうちに、においやファンデーションで汚れていたようです。




「すぐに洗ってスッキリさせたい!!」と思いお洗濯。




ファンデーションが付いている部分は先にブラシで前処理を行い、

あとは屏風だたみをしてネットに入れて、基本の洗い方で洗うだけ。





今回は回復剤のソフトに少しだけハードを足した混合液で仕上げました。

ソフトでお洗濯時に失われた油分を補い、ハードで繊維の表面をコーティングし

外部からの汚れをつきにくくします。






まだまだ寒い時期は続きます。

ハイベックでお洗濯した小物でしっかり寒さ対策をしましょう。




お洗濯に関するお問い合わせはこちらまで

サンワードお客様相談室  0120-668-689




ストール.jpg



ハイ・ベック

「ハイ・ベック」それは、衝撃的でまったく新しいお洗濯。
プロが使用するドライクリーニング溶剤をふんだんに配合し、水溶性・油性・不溶性のすべての汚れを落とす最強の洗濯洗剤、それが「ハイ・ベック」シリーズ。

サンワード
本社/熊本県熊本市中央区上通町2-30
 本社事業所/東京都武蔵村山市榎2−84−5

Posted : 2016.11.12 | ↑Page top




こんにちは。

お客様相談室の佐藤です。




 

お客様相談室には毎日いろんな内容の

お問い合わせを頂きます。




 

今回はその中でもNO.1と言えるほど

お問い合わせの多い『ダウン』について

お伝えしたいと思います。




 

ダウンは専門店にお願いすると金額が

高いですよね。




 

素材を見てみるとほとんどが

表地:ナイロンまたはポリエステル

詰め物:ダウン・フェザー

となっています。




ダウンタグ.JPG


 

●ナイロン・ポリエステルは水洗いをしても色落ちや縮みなどの変化がない



●ダウン・フェザーは水鳥の毛で元々お水に強い




 

『ダウンは家庭では洗えない』と思われていますが、

上記2点のことから実は簡単にお洗濯頂けるんです。




 

そしてここからがポイントG




 

通常、ハイベックでは衣類にやさしい

【つけ置き洗い】をお勧めしておりますが、

お洗濯ブログをご覧頂いているお客様へ

ダウンのちょっと特別な洗い方をお伝え致します。




 

お客様相談室でお伝えするときもビックリされますが、

手軽に洗濯機で洗えちゃいます!!




 

しかも。。。

通常のコースで!!




 

とっても簡単です




 

もちろん、つけ置きでの手洗いや

洗濯機のドライコースなどを使用しての

お洗濯も可能ですが・・・・・




 

●新しいダウンの場合でも、中のダウンが元々汚れている場合がある



●ナイロンやポリエステルはスポーツウエアや登山用ウエアに用いられ、防風性がある




 

このような特徴のあるダウンは、中の汚れをしっかり

押し出してあげないと、残った汚れがお水と一緒に

下の方に溜まり、輪ジミとなって仕上がってしまう

場合があるんです。




 

時々、「ダウンを洗ったらシミができた」というお問い合わせを

頂きますが、お客様からダウンをお預かりして確認すると

99.9%が汚れの残留によるものでした。




 

※この場合は、ブラシでシミ抜きをして洗い直すと

 きれいに元に戻すことができます。




 

ダウンのお洗濯


●シミ抜き

●廻し洗い

●脱水1~2分●廻しすすぎ

●脱水1~2分




 

しっかり汚れを落とすことで、清潔なのはもちろん

ダウンが軽くなったような感じがしますよ




 

ソフトタイプの仕上げ剤をお持ちであれば、併用頂くと

静電気による汚れの寄せつけを防ぐことができます。




 

衣類によっては、表地にデリケート素材を使用しているものも

ありますので、その場合は空気を押し出しながらの手洗いを

行いましょう。




 

ダウンは購入するときの金額が高いので、

初めて洗うときは恐る恐るお洗濯される

かたも多いようです。

(お気持ち、すごく分かります!!




 

お洗濯の前やお洗濯の途中でも、心配があれば

是非、お客様相談室へお問い合わせ下さい。



サンワードお客様相談室


☎0120-668-689  

ハイ・ベック

「ハイ・ベック」それは、衝撃的でまったく新しいお洗濯。
プロが使用するドライクリーニング溶剤をふんだんに配合し、水溶性・油性・不溶性のすべての汚れを落とす最強の洗濯洗剤、それが「ハイ・ベック」シリーズ。

サンワード
本社/熊本県熊本市中央区上通町2-30
 本社事業所/東京都武蔵村山市榎2−84−5

Posted : 2016.10.22 | ↑Page top

 
こんにちは。
お客様相談室の佐藤です。
 
 
先日、新聞の折り込みチラシの中から
こんなものを見つけました。
 
↓ ↓ ↓ ↓
 
布団クリーニング価格.JPG
 
お布団のクリーニングです。
結構なお値段なんですね
 
 
家族分の布団を全部お願いすると
かなりの金額ですよね。
 
私だったら汚れているのは分かっているけど
除菌・消臭効果のあるスプレーで
ごまかしてしまうかも。。。。。
 
こんな時、
『ハイベックに出会えて感謝!!
と思ってニヤケてしまいます。
 
 
ハイベックゼロだと・・・・
※定価5800(税抜)
 
 
お水30ℓに10g使用なので、
お布団だと60ℓくらいは必要なので
1回での使用量はたったの20g!!
 
 
1100g入りのハイベックゼロだと
1本でお布団55枚は洗えちゃいます。
 
 
金額にすると・・・・
5800円÷55回=約106円
 
 
なんと!!
1枚、約106円でお洗濯できちゃうのです。
 
 
お布団は、衣類と違って型崩れや縮みの
心配もありませんので、私は洗濯機の
【毛布】や【お布団】のコースを使って
お洗濯することもあります。
 
 
 
シルクなどデリケート素材を使用した
お布団もありますので、心配なときは
ご遠慮なくお客様相談室までご相談ください。
 
サンワードお客様相談室
☎0120-668-689
 
 
 
 
季節の変わり目で暑くなったり寒くなったり。
体温調節も難しいですよね。
 
 
 
 
 
寝ている間もコップ1杯の汗をかくと
言われています。
 
 
 
 
 
ハイベックで気持ちのいい夜を
お過ごし下さい
 
 
 

ハイ・ベック

「ハイ・ベック」それは、衝撃的でまったく新しいお洗濯。
プロが使用するドライクリーニング溶剤をふんだんに配合し、水溶性・油性・不溶性のすべての汚れを落とす最強の洗濯洗剤、それが「ハイ・ベック」シリーズ。

サンワード
本社/熊本県熊本市中央区上通町2-30
 本社事業所/東京都武蔵村山市榎2−84−5

Posted : 2016.09.24 | ↑Page top

今年の夏も終わり

朝晩涼しい秋の季節になりましたね

ハイ・ベック

「ハイ・ベック」それは、衝撃的でまったく新しいお洗濯。
プロが使用するドライクリーニング溶剤をふんだんに配合し、水溶性・油性・不溶性のすべての汚れを落とす最強の洗濯洗剤、それが「ハイ・ベック」シリーズ。

サンワード
本社/熊本県熊本市中央区上通町2-30
 本社事業所/東京都武蔵村山市榎2−84−5

Posted : 2016.09.21 | ↑Page top




こんにちは。

お客様相談室の佐藤です。




 

前回に引き続き、今回も

帽子についてご紹介致します。




 

帽子は衣類と違って、お洗濯をする目的として

作られていないので、取扱絵表示の確認が

できないものも多く存在します。




 

また、麦わら帽子のような素材を

「ラフィア」といい、ラフィアは水に

弱いので、お洗濯することができません。




 

ラフィア(帽子).jpg



そのまま放っておくと、臭いやカビの原因と

なってしまいますので、ハイベックで

お手入れをしてみてはいかがでしょうか?




 

  ブラッシングをして表面の汚れを落とします。



  規定の分量で薄めたハイベックの液を

タオルに含ませ、固く絞ります。

そのタオルで帽子全体を吹き上げましょう。



  完全に乾いたら重曹スプレーで消臭を!!



 

重曹スプレーの作り方

【用意するもの】

・スプレーボトル 1

・水 100cc

【作り方】

1. スプレーボトルに重曹を入れる

2. ぬるま湯を注ぐ

3. 重曹がぬるま湯に溶けるまでよく振って溶かす

注意:65℃以上のお湯ですると重曹水が強アルカリ性に

なってしまうので、必ずぬるま湯で作りましょう





 

重曹は食品にも使用されているので、

基本的には体に無害です。





 

ドラッグストアなどで簡単に

手に入れることができますので、

ぜひお試し下さい。





 

他にも

「こんなものもハイベックなら洗えるかも?」

などお悩みの方はお気軽にお客様相談室へ

お問い合わせ下さい。





 

サンワードお客様相談室


☎120-668-689





 

私たちスタッフが衣類の情報をお聞きしながら

お客様の大切な衣類が購入した時の状態で長く

保って頂けますよう、ベストなお手入れ方法を

アドバイスさせて頂きます。





 

皆様からのお問い合わせを

お待ちしております。

 

 

ハイ・ベック

「ハイ・ベック」それは、衝撃的でまったく新しいお洗濯。
プロが使用するドライクリーニング溶剤をふんだんに配合し、水溶性・油性・不溶性のすべての汚れを落とす最強の洗濯洗剤、それが「ハイ・ベック」シリーズ。

サンワード
本社/熊本県熊本市中央区上通町2-30
 本社事業所/東京都武蔵村山市榎2−84−5
お問い合わせはこちら ハイ・ベック電話お問い合わせ ハイ・ベックお問い合わせフォーム